BLOG 

ホームブログ > 過去の記事 (2007年07月)

ブログ

過去の記事 (2007年07月)

現在、「2007年07月」 の記事を表示しています。

2007/07/31

19CHAIRS 人気投票 結果発表!

7月7、8、28、29日に開催した体験入学において実施いたしました19CHAIRS人気投票の結果が出ましたので発表いたします。

3位は同点で7番(桜井航デザイン)、9番(木元喬也デザイン)、18番(嬉野大樹デザイン)
3位
2位は11番(樋口直也デザイン)
11

そして堂々の1位は13番(後藤雅史デザイン)となりました。
13
そしてこの13番に投票いただいた方の中から抽選で選ばれたのは
抽選です
一宮市の大水玲奈さんです。

おめでとうございます。
これから一生懸命作りますので、しばらくお待ちくださいね。

残念ながら抽選に外れてしまった皆さん、ごめんなさい!
たくさん投票くださいましてありがとうございました!

なお、この椅子の模型作りを体験できるコースを体験入学で設けています。興味のある方はぜひご参加ください。


投稿者: nsc | カテゴリーインテリアデザイン科

2007/07/30

オープンキャンパス速報!

7月に4回のオープンキャンパスが開催されました。
特に最終29日は、名古屋らしい(?)とても暑い日になりましたが、皆さん熱心に制作をし、食事や「名古屋製菓専門学校」の学生さん作のクッキーや焼き菓子に満足しながら、在校生との話もはずんだようです。
専門職に興味がある方、8月は18日19日ですので、どうぞご参加ください。

<お手伝いいただく在校生や講師の紹介>


<シーズンディスプレイやコーディネート>


<CGイラスト>



投稿者: nsc | カテゴリーイベント

2007/07/26

CG作品展示中です!

毎週月曜日に「CG」の講座で、Macintoshコンピュータでいろんな表現をする技法を修得する講座を開講しています。
課題のひとつ「写真をもとにイラストを制作する」というのがあって、人物、自動車などの工業製品の各ジャンルからモデルを選び、それぞれイラストに表現しました。



色のセンスの良いのあり、フォルム作りのうまいものあり、いろんな作品ができましたので、6階の展示スペースの一角で、作品展示をしています。

ぜひ一度ごらんください。







投稿者: nsc | カテゴリーキャンパスギャラリー

2007/07/25

新入生歓迎会2007開催

新入生歓迎ボーリング大会が7/20に行われ、学生、職員合わせて約80名がボーリングを通して親睦を深めました。
学生会会長の始球式直後、20レーン横並び一斉にレーンに出てゲームが始まった時はなんだか感慨深いものがありました。
チームは学年や学科、クラスに関係なく組まれているので、知らない者どうしが同じチームになるのですが、ゲームが進むにつれストライクを喜んだり、ガーターを残念がったりと次第にチームの結束が強くなっていきました。このイベントを通して学校として一つの大きなチームにまとまったような気がします。



ゲームは2ゲーム行われ、その合計得点で争われました。MVP賞以外にもチーム賞,ゾロ目賞、ブービー賞など楽しい賞がありました。
ちなみに今回の大会の最高得点は2ゲーム合計で309点を取ったインテリアデザイン科1年のH.Y君でした。




投稿者: nsc | カテゴリーキャンパスライフ

2007/07/25

デザインに表現力は不可欠ですね

講師名:大西 甫
担当講座:MAC制作、WEBなど
デザイナーの仕事は、人に感動を与えたり、お客に喜んでもらって報酬を得る、とてもやりがいのある仕事なんです。でも、社会に出てデザインの仕事に従事すると、会社が請ける仕事はこれだけということは無く、いろんな仕事をこなすことになります。
そこで、この学校では、できるだけ専門分野について広く学んでいただいて、「どんな仕事が来てもひととおりこなせる技能」を身につけていただく、そして、みんな一人ひとりが自分の「得意とする専門技能」を2つないしは3つ身につけていただける仕組みになっているんです。
もうひとつは「表現力」ということを大切に考えています。どんなに良いデザインでも、それがお客に伝わらなければ採用すらしていただけませんよね。したがって、アイデアをスケッチに描けるとか、デザインを上手にプレゼンテーションできるとか、自分のデザインをどう分かりやすく見せるかなどの表現技法の修得には力を入れています。
いま、グラフィックデザインの業界でポピュラーなのは、コンピュータ(MACやWindows)を使ったデザインの制作で、IllustratorやPhotoshopというソフトを使用してパンフレットやポスターを制作したり、雑誌の編集をしたり、キャラクターをデザインしたり、イラストを描いたりします。

<写真からイラストを制作する例>

写真からイラストを制作する例

これらのアプリケーションを使用して表現する技能を身につける講座が「MAC制作」や「CG」ですし、「キャラクターデザイン」や「広告デザイン」「編集デザイン」などの専門講座でも、コンピュータを使用して制作をします。
ただし、もともとの「描ける」という表現ができてこそのコンピュータ化ですので、手を動かして描くということをおろそかにできませんね。

さあ、あなたも表現力を身につけませんか・・・

<パンフレットの例>

パンフレットの表現例






投稿者: nsc | カテゴリー講師からのメッセージ

2007/07/16

身近なデザインのヒント

講師名:矢部達也
担当講座:デザイン感性学、ディスプレイデザイン


こんにちは。講師の矢部です。
私が担当する講座のディスプレイデザインとは、
商業・公共施設での空間展示装飾のことです。
学生たちは、自ら設定した施設での装飾デザインを課題として日々検討しています。

唐突ですが、私が学生に期待することのひとつは・・・
身近なデザインのヒントに気づく感覚を持つこと。
例えば商業施設でのディスプレイを考えるとして・・・・・
まず、何を考えましょう。
ディスプレイというのは、お客を迎えるためのもてなしのデザインです。
そこへ行きたくなるような、心地よい空間をつくり出すこと。

  では、もてなしの心とは何か。

自分の家に、部屋に・・・友だちを招くことを考えてみましょう。
とくに、大切な友だち
きっときれいに片付け、掃除をして、あるいは小物を飾ったりするでしょう。
その友だちにくつろいでほしい、自分の誠意を感じてほしい、という気持ち。
その真心が、もてなしの心だと思います。

そうしたことをヒントにすれば、商業空間のデザインでも
どうしたらお客さんが心地よく過ごせるか・・・と考えるでしょう。
身近にデザインのヒントがあるのです。

        

そのことから、NHK教育テレビ『美の壷』の
床の間”の特集を観たことがあります。
床の間というと、家人が来客を視覚的にもてなす空間として
その美を極めてきたディスプレイデザイン空間。
住宅における“ショーウインドー”といってもよいかもしれません。
もてなしの心として、商業空間のデザインにも通じるヒントがありました。



  よその宣伝はさておき・・・・

授業ではこのような気楽な話をしながら、
選択している学生らとデザインの精度を高めています。
卒業までに、柔軟な発想力とデザイン感覚を養っておけば、
幅広い仕事に取り組んでいけると思いますよ。
授業では、主にクリスマスディスプレイやアイキャッチディスプレイなどの
課題に取り組んでいます。詳しくは、ウェブギャラリーをご覧ください。


授業選択してない人も、気軽にデザインの相談に来てねェ♪
私についてもっと知りたい諸君は、ぜひ私のHPもご訪問ください。

ではまた、どこかで。


  ■矢部達也HP “ ya! besprit ”
   → http://www.geocities.jp/yabesprit

投稿者: nsc | カテゴリー講師からのメッセージ

2007/07/14

デザイン感性学 覚王山見学レポート展



グラフィックデザイン科1年生がデザイン感性学の授業で、
名古屋市・覚王山地区へ路上観察にでかけました。
一般公開されていた揚輝荘や、覚王山アパート、路地裏の様々なモノなど、
歴史のあるものから新しい文化まで、新旧の混在する街で感性を刺激。

     【 揚輝荘 】 


このとき発見したこと、感動したことをレポートにまとめ、
キャンパス内にギャラリーをつくって公開しています。
前期に養ってきた感性を活かし、ユニークな視点で表現した数々。
ぜひ! ご覧ください=★



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 展示場所 》》》 デザイン校 5F 閲覧室
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

投稿者: nsc | カテゴリーキャンパスギャラリー

2007/07/07

第2回漫画能力検定試験実施日決定[8月26日(日)]

6月17日(日)には、名古屋地区での認定校である本校を会場にして、漫画能力検定実行委員会主催の「第1回漫画能力検定試験」が実施されました。
8月26日(日)に次回の第2回漫画能力検定試験が、「漫画キャラクター検定1級~3級」に4級(小中学生向け)を加え、「漫画ストーリー検定1級~3級」「漫画技法検定1級~3級」や「漫画家アシスタント検定1級・2級」が予定されています。
本校からも受験しますが、このような検定で評価を受けた学生が、プロとしてデビューしてくれることを願っています。
null

投稿者: nsc | カテゴリーグラフィックデザイン科

ナビゲーション

カテゴリー

過去の記事

検索



ページトップに戻る