BLOG 

ホームブログ > 過去の記事 (2008年05月)

ブログ

過去の記事 (2008年05月)

現在、「2008年05月」 の記事を表示しています。

2008/05/31

「ディスプレイデザイン2」その4

課題「アイキャッチデザイン」でアイデアボードを設置。



前回の企画案発表のあと、 その内容を教室に掲示しました。
お互いに提案や疑問点を追加で書き込めるようにするためです。
公に掲示したわけは・・・
授業選択しているメンバーだけでなく、科も学年も問わず、先生も含め、
多くの人からの書き込みを期待しているのです。
それは、デザインの参考になる情報を各方面から得たいということもありますが
公にしてコミュニケーションをとることで、
“どんなことを伝えないと、相手に理解してもらえないか”…という
プレゼンの訓練にもなればと考えているからです。




思い付いたことを、ざっくばらんに書き込みあっていますね。



そうですね。
意見をいっぱい書き込んでもらえるとよいですが・・・
そのためには企画者自身が、ボード掲示をどしどし更新しましょうね。

by Yabe

■「ディスプレイデザイン2」バックナンバー
→ その1その2その3

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2008/05/30

「工房実習」その5

実習もそろそろ前期の半ばを迎えます。作品もだんだんと形が見え始めています。そんな中でひとつの作品が完成しました。自分の部屋で使うために作ったそうです。



ひとつできたのですぐに次の作業に取り掛かります。今度は、拾った古い壊れかけているイスをきれいに直して使うということで作業を始めました。部品ごとにバラバラにして古い塗装をはがしていきます。




その他にもテーブルを製作している学生は前回ダボでつなぎ合わせた板にカンナをかけてフラットな面を作っています。その後、テーブルの脚の加工をすぐに始めていました





このように皆、自分の部屋で使うものをここでは組み立てています。なにしろ次々とやることが出てくるので夕方の授業はあっという間に過ぎてしまいます。

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2008/05/30

あかり 展示しました

先日キャンパス見学会でも一部展示をした あかり 作品ですが、
全員の作品がそろったので我が校のエントランスロビーに展示コーナーを設けました。
Ten Box によるあかりの展示
全ての作品を点灯できると良かったのですが、安全性の問題があって、一部の作品は残念ながら点灯できないものもあります。それでもなかなかいいムードのコーナーになりました。
個々の作品はWEBギャラリーにて公開していますのでご覧下さい。
また、一部の作品は6月14、15日のクリエーターズマーケット、TOFUブースで販売もいたします。ご期待下さい。

by Wakky

投稿者: nsc | カテゴリーキャンパスギャラリー

2008/05/29

「家具デザイン2」

今日の授業見学は「家具デザイン2」
インテリアデザイン科2年生の選択講座で、1年生後期に「家具デザイン1」を受講した学生がステップアップして受講しています。
担当はなんと私めでありまして…

課題は「成形合板の家具」
木を薄くスライスした「単板(ベニヤ)」を何枚か金型で加熱接着して作る板を成形合板といいますが、この成形合板を材料とした家具をデザインするのが課題です。

デザインを進める方法としては、アイディアスケッチなどによる場合もありますが、
今回はケント紙を用いて、アイディアモデルで進めています。
ケント紙によるアイディアモデル
最初から作る方向を決めて考えるのではなくて、いろいろ紙をいじくって、何か面白いものを見つけようという方法です。

今週でもう6回目の授業になりますので、試行錯誤ももう終盤。
 の はずなのですが…
方向性がつかめた学生も居れば、まだ迷っている学生もいます。

でも、次回からは原寸でラフな三面図による設計に入っていきたいと考えています。
まだまとまっていない人。がんばって!!!!

by Wakky

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2008/05/28

「グラフィックデザイン基礎」その1

この授業は、グラフィックデザイン科とインテリアデザイン科の1年生
合同の必修授業です。

視覚伝達の基本的なスキルを楽しく理解することを目標にしています。
情報を解りやすく伝えるには、そして美しく表現するにはどういう方法が
あるのかを、課題を通して学んでいきます。

今取り組んでいるのは、“自分の選挙ポスター”です。
どんな役に立候補するのか? 学園内でもよし、地域密着型でもよし、
写真と言葉をどうレイアウトするのか?

試行錯誤の末、完成したポスターは、学生らしくユニークな発想の作品です。

 
 

完成作品はすべて黒板に貼り、先生と皆で講評し意見交換をします。
他の作品を観ること、そして、他者の意見を聴き次の制作に繋げていきます。

by imaon


投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2008/05/27

「基礎製図」その2

今日も暑くなりましたねえ。
でも湿気が少ないので、とてもさわやか。
こんな日は外で授業!としたいところですが、残念ながら教室です。

基礎製図の授業も今日が五回目。
寸法記入に関してです。

寸法記入の方法について線の使い方や、数字の向きなど、色々な決まり事を説明しますが、一番大切なこと。 それは、

  「正確で、 わかりやすい(きれい)」

ということです。
説明の後、練習課題に取り組みます。
寸法記入方法 課題1 のプリント
ガイドラインの図に線を加えて、三面図を完成させてから、必要な寸法を記入するという課題です。
テンプレートを使って数字記入
寸法数字はテンプレートを使って記入していきます。
正解はひとつだけではないのがこの課題の難しいところでもある訳で、設計者の設計に関する考え方が明確に現れる部分です。
ただ、みてまねをするだけでなく、「考える」、「伝える」ことを覚えていきましょう。

by Wakky




投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2008/05/25

キャンパス見学会 2日目

雨が心配でしたが、幸いたいしたこともなく、キャンパス見学会も二日目です。
ここが中央玄関

今日も開催コーナーは昨日と同じでしたが、仕事発見コーナーに来てくれた卒業生の顔ぶれが変わりました。
グラフィックデザイン科卒業生は伊藤さん(シミズプランニング勤務)。
インテリアデザイン科卒業生は若尾君(株式会社岡村製作所勤務。若尾君はTOFUの初代リーダーでした)

ハコラマを巣にすると良いと思ったのでしょうか、ミニ体験コーナーでは途中スズメが乱入するというハプニングが発生。

スズメの学校か!

スズメさんには体験していただくことなく、お帰りいただきました。

by Wakky
(展示コーナーのあかりの詳細をWEBギャラリーにアップしました)



投稿者: nsc | カテゴリーイベント

2008/05/25

体験入学 簡単マーカースケッチテクニックの様子です

インテリアデザイナーがお客さんに「出来上がりを絵で見せる」のがインテリアパースです。
今回は、マーカー(油性のカラーペン)で着彩するテクニックを体験します。
インテリアで活躍するための専門技能のひとつですが、入学を検討されている方の為に、
簡単にパースを体験できるコースになっています。

null
まず、プロの先生が描いて見せます

null
途中は、それぞれに細かくアドバイスをします

nullnull
nullnull
nullnull
nullnull
nullnull
プロによる丁寧な指導の下に素敵なマーカースケッチ(パース)が描きあがります。

本校の体験入学では、学校の事はもちろんですが、デザインの仕事そのものについても聞いてみると良いと思います。学校の先にある職業そのものについて知ることができ、進路のこと、将来のことがちょっとはっきりしてくるのではと考えます。そんなふうに体験入学を利用することもできます。



投稿者: nsc | カテゴリーイベント

2008/05/24

キャンパス見学会

今日は今年度のオープンキャンパスイベント第一弾  キャンパス見学会 です。

施設見学はもちろん、在校生や卒業生に相談できるコーナーや、
ミニ体験コーナーも設けています。
キャンパス見学会

卒業生と仕事の実際について相談できる「仕事発見コーナー」には、今日はグラフィックデザイナーの磯部さん(シミズプランニング)と、店舗企画営業の針原君(株式会社光工芸)が来てくれました。

ミニ体験コーナーでは、ハコラマミニ(ミニチュア家具模型を作りケースに飾ります)と、写メで作ろう缶バッチ(写メのデータからオリジナル缶バッチを作ります)を体験できました。

また、学食前の特別展示コーナーにはインテリアデザイン科1年生のあかりと、グラフィックデザイン科の卒業制作である絵本を展示しました。

このイベントは明日25日も10時から15時まで行います。
我が校以外に、名古屋ファッション専門学校、名古屋製菓専門学校、名古屋栄養専門学校の見学も出来ますので、まだ色々と迷って見える方もどうぞお気軽にお出かけ下さい。

by Wakky




投稿者: nsc | カテゴリーイベント

2008/05/24

体験入学インテリアコーディネートコースの様子です

インテリアコーディネートの体験実習では、実際に建築家・インテリアコーディネーターとして活躍中の先生の指導の下に、簡単なコーディネートボードを作成します。




お客様に喜んでいただけるコーディネートは・・・や、素敵な家具と壁紙やカーテンの組み合わせなど、きっと皆さんの部屋の模様替えにも参考になると思います。

本校の体験入学では、学校の事はもちろんですが、デザインの仕事そのものについても聞いてみると良いと思います。学校の先にある職業そのものについて知ることができ、進路のこと、将来のことがちょっとはっきりしてくるのではと考えます。そんなふうに体験入学を利用することもできます。


d2008g

投稿者: nsc | カテゴリーイベント

2008/05/23

「工房実習」その4

材木から必要な部品を切りだしていく作業もそろそろ一段落してその次の加工を始める人も出て来ました。
工房の実習作業では、基本的には木材を切ったり、つないだり、削ったりする作業を覚えるのですが、これらもいろいろな方法があります。ただ単純にくっつけるのであれば接着剤で張り合わせれば良いし、イスやテーブルなどはそれではすぐ壊れてしまいます。用途に応じて加工をしていきます。
板をつなぎ合わせて一枚のテーブル面を造る場合は、先週紹介したようにダボという棒を間に挟んで接着剤とともにつなぎます 器具でがっちり固定してボンドがかわくまで待ちます




またイスの脚などは臍(ほぞ)といって凸凹を組み合わせて繋ぎます






またほかに工芸的な繋ぎの方法もありとても強くて、見た目もきれいです





そろそろ何かができているようです 工房の中でこんなものを見つけました。


工房にはティシュがいつもあります。結局、杉であるとかヒノキを切るととても強い匂いで鼻がやられます。そのための鼻かむためですが、そのケースをこれまたヒノキでつくった人がいます。面白い事にペーパーにほんのりヒノキの匂いが移り鼻をかんでもかんでもヒノキケースに入っているかぎり鼻をかみつづけねばなりませんでした。もうひとつの小さな家具は細かい作業を積み重ねて結構な時間をかけています小さな引き出しや扉もあるのですよ。なんかいい感じでしょう。

by nobu

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2008/05/23

「ネーム制作B1」マンガの授業訪問

今日は、マンガの授業にお邪魔してみました。
この時期はまだ構想やアイデア段階ですので、マンガの授業といっても、原稿用紙にインクでカリカリといった風景ではありませんね。
でも、こんな彼女たちの先輩は、「漫画能力検定」のアシスタント資格を取っており、東京へ出てアシスタントを目指しています。

なんか楽しそう
null

どう?描けた?
null

わたしは、原稿用紙に描いてるよ。
今度の「漫画能力検定試験」では、どの資格に挑戦しようかな・・・
null


う~ん なかなかアイデアが浮かばないよ~
null


投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2008/05/22

「絵本創作B1」その1

グラフィックデザイン科2年の選択授業です。
オリジナル創作絵本を完成させるのが目標です。

一冊の絵本を完成させるまでには、大変な時間を要します。
ストーリーを考え、主人公やその世界観を具体的に設定し
鉛筆でラフスケッチを何枚も描き、ページ割をしていきます。

次に、実際にページをめくって確認出来る様に、束見本(つかみほん)を作ります。
この束見本で何度も修正を加えて、原画の制作に入る訳です。




お話しを16ページにまとめるのは結構大変!

by imaon




投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2008/05/22

造園デザインコンクール表彰式

昨日、第3回造園デザインコンクールの表彰式が、名古屋市名駅のキャッスルプラザにて行われました。
 
このコンクールは(社)愛知県造園建設業協会の主催で実施されたもので、昨年の9月から12月に募集されました。

我が校からは数名応募していたのですが、エコデザイン科の礒邉涼市君野里秀貴君、葛谷亜沙美さん(いずれも今年卒業)とインテリアデザイン科の原千絵美さん(現在2年生)が受賞いたしました。

授賞式には卒業生も勤務先から駆けつけ、賞状と賞品を受け取っていました。
表彰式
このコンクールには昨年度も受賞しており、次回もがんばってくれることを期待しています。


投稿者: nsc | カテゴリープロデビューサポート

2008/05/21

「プロダクトデザイン基礎」 あかり 2

専門学校って実際にどんな授業が行われているのかな?
という疑問を抱いている方のために「授業見学」というカテゴリーで授業の内容を紹介しています。

今日は「プロダクトデザイン基礎」 あかり の二度目のレポートです。
いろいろと試行錯誤を重ねた結果、最終試作に入ってきました。
最終試作段階
実際に照明器具として使用することを前提に、ソケットやランプのサイズとの関係や、安全性などを考慮して原寸大での試作に取りかかりました。
ランプシェードの部分だけでなく、ベースになる部分も作っていきます。

金曜日には全員完成する予定で、週末のキャンパス見学会に皆さんにご覧いただけるように展示する予定です。
是非実物をご覧下さい。
評判の良かった作品は、6月のクリエーターズマーケットで販売も考えています。
こちらもお楽しみに!

by Wakky

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2008/05/20

「レンダリング1」 その1

先週の火曜日は「パース2」についてご紹介しましたか、今日は同じ完成図でもプロダクトデザインで使われる「レンダリング」 の授業の見学です。

パステルで色付け
耐水性のペンでアウトラインを描いた後、ポイントとなるカラー部分をマーカーで着彩します。
その後、表面全体の雰囲気、色を表現するためにパステルを使用して着彩です。
パステルはそのまま利用せず、一旦粉にして調色した後、ティッシュで塗り込みます。
溝引きでフィニッシュ
ハイライト部分を白の色鉛筆でしめ、さらに強調したい部分は絵の具を使います。
このときパースの授業見学でも紹介しました「溝引き」という技法が必要になってきます。
ここまでの着彩ではそれほど失敗はないのですが、この「溝引き」によるハイライトラインをしっかり綺麗にいれることが出来ないと、そこまでの作業が台無しになってしまいます。
ハイライトまで出来上がったら、本体部分を切り取って、バックを描いた紙に貼付けて出来上がり。
完成
何とかそれらしく仕上がりました。
今回は始めたばかりの技法ということもありましたが,少しばかり時間がかかりすぎたようです。
仕事としてレンダリングを描くのには、綺麗に描くことは当たり前。
さらにスピードが要求される訳で、もっともっと手を動かす訓練をしなくては…。

by Wakky

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2008/05/19

「デッサン」その4

今日は“靴”の完成です。前回までに下地を造って形をある程度整えることまで出来た人は今週は、残り時間いっぱい使い描き込みをします。
デッサン

結局デッサンのテクニックとかモノの見方ということよりも実は描き込みに費やされた時間と集中力です。テクニックを駆使した絵も、もちろん良いのですが、私は個人的には、形、陰影に整合性がなくともチョットばかり歪んでいても、描き込みがしつこくガリガリした絵が好きです。
がりがりデッサン

がりがりデッサン

がりがりデッサン

何かその人となりが解るようなデッサンは見ていて微笑ましいと思っています。






by nobu

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2008/05/17

フライトアテンダント集合!

今日は土曜日。 授業はお休み。

学期末なんかは締切に追われて、課題制作のために土曜日も学生さんがいっぱいなのに…
今日はだ〜れも来ていません。
寂しいねえ。  で、平日にはできなかった仕事に取りかかりました。

いよいよはじまる今年度のオープンキャンパス。
来週末24.25日の「キャンパス見学会」からスタートです。

そこで、
NSCエアライン フライトアテンダント集合
ガイド役の皆さんに集合をかけて、お知らせをお願いしました。

!仕事発見コーナー   では   
我が校の卒業生で、グラフィックデザイナーやインテリアデザイナーとして活躍中の先輩が仕事の楽しさや、厳しさ等を話してくれます。

?進学相談コーナー   では   
校長先生が、学校の仕組みや授業内容、就職のこと、入試のことなどなど… 色々と相談にのってくれます。

!ミニ体験コーナー   では   
「写メで作ろう缶バッチ」と「ハコラマ・ミニ」の二つのレッスンが開講されます。60分程度でオリジナル作品が出来上がります。在校生もアシスタントとしてきますので、キャンパスライフや先生の裏ネタなど秘密の話が聞けるかも。

皆さんのお越しをお待ちしております!

今日もお仕事のWakkyでした

投稿者: nsc | カテゴリーイベント

2008/05/16

「工房実習」その3

製作も3回目に入りそろそろ各自の作業もばらばらになって来ました。今だにアイデアが決まらずに悩んでいる学生さんもいます。


直角を出した材木からかいろいろなパーツを正確な寸法に切断していきます。


同じサイズのパーツを複数作る場合は、機械のゲージ(目もり)などを設定し必要な部品全部をつくるまで動かさずに一度で作ってしまいます。


テーブル面など板をつなぎ合わせて一枚の大きな板にする場合はダボという小さな棒を板どうしの間に入れてつなぎ合わせます。この時、張り合わせる板どうしで同じ位置に穴を開けないと凸凹のテーブルになってしまうので慎重に作業します。




by nobu

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2008/05/16

「ディスプレイデザイン2」その3

課題「アイキャッチデザイン」の、企画案発表。

ある程度、企画の方向が見えて来たところで互いの内容に質問・意見を交わします。
やってみたいことを、自分のことばで熱く語る。



イメージスケッチや資料などで自分の案を説明するのですが、これが意外に難しい。
自分の頭の中では自身の計画がよく見えていても、説明しはじめると資料が足りず、
相手にうまくイメージしてもらえない。
また、商品や立地・客層などに矛盾があったり・・・。
企画が進んでしまわない段階でそれを知れば、まだいくらでも修正でき、
完成度の高い計画になっていくと思います。



互いのデザインの向上のため、みな遠慮なく
「よくわからん」「ダサい!」「何でその地域に作るの?」
そうして言い合った意見を参考に、さらに自分の企画を整理していきます。

by Yabe

■「ディスプレイデザイン2」バックナンバー
→ その1その2

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2008/05/15

「デザイン感性学」その1

今日の授業見学は「デザイン感性学」
グラフィックデザイン科1年生の必修講座です。

デザインワークは技術や計算だけでおこなうものではなく、感性が必要。
美しい形・色・レイアウトはなぜ美しいと感じるのか、
また逆に美しくないものは、なぜそう感じるのか?
まずその感覚を養ってこそ、技術や計算を使って、
自身のデザインを美しくも醜悪にも表現コントロールできるでしょう。

      まず感動すること。

良い、または良くないと思った、
いずれにも目と心を留めるアンテナを持ち、感動してみる。
なぜこのデザインは、ワタシのココロをつかんだのか? …と。
身近なところから。

授業で、街に出てみました。



普段歩き、見なれた街も、意識してみるといろんなデザインや風景に気付きます。
漠然と眺めているだけだと、通り過ぎてしまう。
考えて見る・読み解く、といったモノの見方をすると感性が鍛えられていくはずです。



路地裏の公園で、何か発見しましたね。



何でもよいのです。
まず「気付く」アンテナを持つことから。そして「感動し、楽しむ」。
そうすると、デザインの発想も柔軟に出来るようになると思います。
デザイン感性学では、いろんなことに気付きながら少しずつ感性を養っていきます。

ほらほら、キミのうしろの石壁に・・・


アンモナイトがいるよ。


by yabe


投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2008/05/14

「広告デザイン2」その1

広告デザイン2は、グラフィクデザイン科2年生の授業です。
今日は、愛知県デザインセンター(愛知県産業貿易館西館7階)で
開催中の『愛知県優秀広告作品展』を見学しました。

広告を自分で企画デザインするためには、様々な作品を観て分析
することも必要です。
学校から歩いて行ける距離に、いろいろな展覧会会場、ギャラリー、
イベントスポットがあるので、こうして時々授業で見学に出かけます。


天気もいいし、セントラルパークの木々の緑がきれいです

 
ちょっとした遠足気分?

 
見たことのあるポスターや美しいカレンダーに見入っています

この展覧会で、様々な広告表現の面白さが発見出来ました。

by imaon

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2008/05/14

「パース2」 その1

今日は「パース2」の授業を見学です。

「パース」っていうのは、一般的にはインテリアや建築なんかの完成予想図のことを言いますが、意味としては「透視図」のことで、まあこれは平たく言えば「遠近法による絵の書き方」です。

インテリアデザイン科の1年生後期から、パースに関する授業が始まりますが、「パース2」は「パース1」に続く2年生前期の選択授業です。

今回の課題は透明水彩による着色練習。
水彩絵の具のパレット
透明水彩は絵の具をパレットに出して乾燥させておいて、使用するときに水をつけた筆で溶いて使います。

溝引きという技
筆を使って真っすぐなラインを引いたりするときはこの写真のように溝引きというテクニックを使います。(写真は知念先生のお手本)
筆とガラス棒を箸を持つように構えて、定規についている溝にガラス棒をあてがってガイドにして筆を動かすテクニックです。

透明水彩による着彩が一通り終わったら、色鉛筆を使ってカーペットの表情等を書き加えていきます。
色鉛筆で細部の表現

で,完成!
水谷さんの作品
1年生のときの作品と比べると、ずいぶんうまくなってきました。
もっと、うまくなれますように!

by Wakky



投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2008/05/14

「イラストレーション基礎」その1

この授業は、グラフィックデザイン科1年生の必修です。

イラストレーションとは何か? 
ただ絵が好きだ!という自己満足なモノではなく、広告媒体の中での
視覚伝達の役割を理解することと、ひとつのテーマから多くのアイデア
を出せるように練習していきます。

 
季節をどう表現するか、ラフスケッチを描いています

 
アイデアスケッチのページは、楽しい落書き?みたいで時々脱線しますが、これもよし!

 
コピックマーカーやデザインガッシュで着彩しています。


春夏秋冬の季節感を描けたかな?

by imaon

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2008/05/13

「マテリアル基礎」その1

マテリアル基礎とは、グラフィックデザイン科1年生の画材体験の
授業で、今回は色鉛筆です。

色鉛筆には大きく分けて●油性色鉛筆(ごく一般的なもの)と
●水性色鉛筆(描いた後に、水を含んだ筆でなぞると水彩画の
様な効果を出せる)があります。
国内外のメーカーから数多くの商品が出ていますが、我が校では
プリズマカラー(油性)の24色セットを使っています。
いろんなメーカーの色鉛筆を使ってみると、ちょっとずつ描き心地
が違うのがわかります。
小さな頃から手にして来た色鉛筆は、とても手軽ではありますが
実はなかなか奥が深いのです!

 

 

薄い色から順に色を重ねます。 混色で色に深みを出していきます。
だんだん手本に近づいて来たかな?

by imaon

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2008/05/12

「デッサン」その3 

今日でデッサンの授業も4回目。
今回は2週に渡り自分の靴を描きます。
1つ目のポイントは質感です。
2つ目のポイントは固有色が出て来ることです。


今回の課題で、靴の中は足の入る空洞があることで、これを捉えることで靴らしさの表現につながります。
表面は塊として捉えながら中は空洞という靴独特の構造を理解することが、デッサンの成功、失敗につながります。

描き方としては、前回と同じで初めは柔らかい鉛筆で形を捉えおおまかな陰影を付けていきます。

面の動きを意識しながら次第に堅い鉛筆に変えてタッチを重ねて量感(塊まりの感じ)を捉えて行きます。
足の入る空間は側面と底面がその位置にあるように見えるという事が大事です。ここはタッチの方向を使い底面、側面を描きこみます。
最終段階で練り消しで光の反射を抜いたりしながら画面を整えて行きます。
1週目は形を正確にとることとをつけて光の方向と大雑把な陰影で立体に見える予感までつくることができればOKです。




次週時間いっぱい使ってデッサンができあがれば、ちょっと苦手だなあと思う作業もすごく楽しくなって来ます。

去年の学生作品です。

デッサンはすぐにあきらめては上達しません。デッサンは物を見る基礎になります。デザインの基本のひとつです。
観察力、立体感、質感などが理解できるようになってきます。


by nobu

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2008/05/11

「ディスプレイデザイン2」その2

前期の課題「アイキャッチデザイン」の、企画検討を始めました。

春休みに自分でおこなった調査に加え、学校にある店舗、建築、空間デザインなどに関する書籍を参考に、アイデアをひねります。気になる物件やテーマになりそうなことを思い付いたら、インターネットでも情報収集。



1人で考えているのではありません。

先生や友達同士で雑談しながらです。最近流行っていることや、たわいのないバカ話の中にもテーマのヒントになることが出て来ることがあります。1人で考えていてぼんやりしているよりも、お互いノーミソを刺激しあって(・・・牽制しあって、かも?)少しずつ自分のテーマを絞り込んでいくのです。



この人はいろんな年令のモデルの資料を集めていますね。
何か少しずつ見えて来たものがあるようです。

今後の展開を期待しましょう。

by Yabe


■「ディスプレイデザイン2」バックナンバー
→ その1

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2008/05/10

「デジタルデザイン基礎」その1

「デジタルデザイン基礎」はグラフィックデザイン科1年生の必修講座です。

1年生の前期の授業は一にも二にも基礎!
デジタル環境で育って来た学生も、デザインの表現手段の道具としてのコンピュータを使いこなすのには、時間がかかります。
まずは、グラフィックデザインにおいて最も活用されているIllustratorとPhotoshopの基礎技法を習得します。

今は、Photoshopによる画像の修正です。

修正方法もいろいろあるし、結構手間がかかるんだね!

by imaon



投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2008/05/10

「キャラクターデザインB1」その1

「キャラクターデザインB1」はグラフィックデザイン科2年生の選択講座です。

キャラクターは単なるマスコットやイラストの一部ではなく、企業や商品をイメージアップするための大切な要素です。
目的に応じた表情豊かなアイデアを出せるように進めています。
今回は「自分のキャラクター」を制作する課題に取り組んでいます。
数多くのアイデアの中から、方向性が出て来た段階です。



私は何に似てる? 自分の性格はどんなん?


by imaon


投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2008/05/09

「工房実習」その2

5月は前回加工した木材を使用して作品の各パーツを作っていきます。



直角を基本に同じパーツを作成していきます。
写真はプレーナーという機械で板の厚さを均等にし、表面のキズも同時にきれいに加工していきます。


この加工をしたあとは手のひら、指先で表面をなでて確認していきます。
細かいキズ、凹凸をなくして組上げたときにひずみのない作品に仕上げていくために必要な作業で、一つ一つのパーツを寸法通りに仕上げて、全体に正確に仕上げるためです。

作業の終わりにはみんなで後片付けをします。
掃除機のでかい集塵機で大量の木屑、ほこりを吸い取ります。
ヒノキの匂いがよいといっていた学生も、終わるときには、花粉症と同じように涙と鼻水にまみれてました。



by nobu

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2008/05/09

「立体構成」 その1

今日の授業見学は「立体構成」
インテリアデザイン科1年生前期の基礎造形講座のひとつです。

本日の授業は二つ目の課題 「粘土で手を作る」 の第1回目。
ねらいは自然観察とモデリング技法の獲得です。

色々な角度から自分の手をスケッチしてから粘土で造形するのですが、
今日は粘土制作のための「へら」を自作しました。
黒板の説明

25×200×t6の「朴」の木片に自分のデザインしたラインを描いてから削り、
クラフトナイフで削ります

サンドペーパーで仕上げていきます。
サンドペーパーがけ

そしてこんなデザインの「へら」が出来上がってきました。
へらの数々
一本で色々な機能をはたすように考えられています。
というところで今日はこれまで。次回をお楽しみに!

by Wakky


投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2008/05/07

「CGレンダリング1」その1

ゴールデンウィークももう終わり。
皆さんはいかがお過ごしだったでしょう?
5月病にかかってしまった人はいないでしょうか?

我が校にはまたにぎやかな学生の声が戻ってきました。
久しぶりにあう友達の情報交換で、しばらくは授業に身が入らないようでしたが、ひといきついてまた、学習モードに切り替わっていきました。

今日はそんな中インテリアデザイン科2年生の選択講座「CGレンダリング1」にお邪魔しました。
MAC コンピュータ教室
この講座で使われるソフトは3DCGソフトの定番とも言えるShade(シェード)です。
このShadeはよくグラフィック系のイラストで使われたりもしますが、我が校では家具やプロダクトのレンダリング(完成予想図)やインテリアパース(これも完成予想図のことです)に使用することを目的に、インテリアデザイン科の2年生の選択講座として取り入れています。
先生とのやり取り
プロジェクターをみての説明の後は個別に作業を進めていきます。
受講生はまだ始めたばかりだし、バージョンアップ(Shade10.0.1)したばかりで講師側にも若干戸惑いもあり、あちらこちらで個別指導です。
shade画面
立体を作成する基本に掃引(引っ張ること)と回転がありますが、今日は回転体の練習をしていました。
ある程度の立体はすぐ作れるようになるのですが、しっかり質感を出したり、雰囲気づくりのための演出や照明の当て方等は、なかなか難しいものです。
皆さん、これからしっかり学んで下さい!

by Wakky


投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2008/05/02

1年生学外研修旅行 2日目

学外研修も二日目。
心配していた空もなんとかもってくれて、一安心。
雨が降ってたらスケッチも出来ませんからね。

8時半にホテルを出発。
15分ほどで本日の第一ポイント:松本城に到着。
スケッチが目的だったので、入場料は旅行費用に含まれていなかったのですが、それでも何名かは天守閣まで上りました。
私もおつきあいして上っていきましたが、傾斜61°蹴上げ40センチなんて階段?はしご?はちょっときつかったです。
国宝松本城にてスケッチ
みながんばってスケッチしていましたが、お城を描くのはなかなか難しいですね。
私もトライしましたが、天守閣に上っていた分時間がなくなり、着彩まで仕上げることが出来ませんでした。ん〜残念!

つづいて訪れたのが安曇野ちひろ美術館
学芸員さんの館内説明を受けた後、各自自由に見学。
ちひろ美術館
私めはここは二度目だったので、特別企画展示の初山滋さんの原画展示から見始めたのですが、これがすっばらし〜!!
すっかり見とれてしまい、この展示だけで時間がいっぱいになってしまいました。
ちひろさん、すみません。

昼食はこのちひろ美術館前の庭にてお弁当。
気持ちのいいひとときを過ごして最後の訪問スポットアルプスあづみの公園へ。
霞んでいるけど、常念岳!
展望台からは常念岳が眺められ、木々や草花に囲まれて、ここも又とびきり気持ちのよい場所でした。
おみやげに野沢菜わさび漬けまでいただきまして、ありがとうございました。

ということで安曇野を後にして名古屋へ。
名駅西口に7時過ぎに到着。
とても楽しく有意義な学外研修でした。
明日から4日間、連休ですが、みな元気でね。

by Wakky


投稿者: nsc | カテゴリーキャンパスライフ

2008/05/01

1年生学外研修旅行 1日目です

今日から五月!
五月晴れの中、と言いたかったのですが、あいにくの曇り空の中、
インテリアデザイン科とグラフィックデザイン科の1年生が学外研修に出かけました。

9時半集合。
残念ながら病気欠席者が2名いましたが、後はみな時間通りに集まり出発。
朝から元気いっぱいの学生を乗せたバスは中央自動車道を走り、
向かった先は小淵沢の中村キース・へリング美術館
2時過ぎに到着し、学芸員さんの説明を聞いた後館内へ
到着です
室内展示を見た後は屋上へ出て全員集合、記念撮影
全員集合
この後、隣接しているスパを見学してから1時間ほどとって、課題となっているスケッチをしました。
こちらでは桜がまだ満開で、又花見が楽しめました。
4時には美術館を後にして、本日の宿となる松本へ移動。
6時から夕食です。
いただきま〜す
メニューは
ステーキがメインのコースメニュー
お腹いっぱいになって、自由時間。
多分みな一晩中おしゃべりでしょう。

明日は松本城、安曇野ちひろ美術館等を見学予定です。
雨が降りませんように!
以上、松本からのレポートでした。
by Wakky




投稿者: nsc | カテゴリーキャンパスライフ

2008/05/01

「ディスプレイデザイン2」その1

今日の授業見学は「ディスプレイデザイン2」
インテリアデザイン科2年生の選択講座です。

前期の課題は「アイキャッチデザイン」

ディスプレイデザインは、物件を魅力的にさせる展示・装飾機能。
主役ではないが、重要なデザインです。
そこで前期課題では、店舗や公共施設に附随し
「目を引き付けている」=アイキャッチとなるデザインを企画・提案します。
昨年度は次のような作品が出そろいました。



ショーウインドーやショップファサード、フロアディスプレイ、駅前のシンボル、
公園計画、街並みの演出など、空間を彩るさまざまなデザイン提案が
幅広い分野を舞台に想定して生まれました。

さて今年度・・・・・
まずは調査です。春休みに自主的に街を巡り、参考物件を探しました。
アイキャッチとなるものはどんなデザインか、
なぜそれが目を引く機能があるのかを考えながら。
報告書では観察力や表現力を鍛えるため、
物件の様子を写真でなく手描き(スケッチ)で作成。
描くことで、細部をよく観察し把握することが出来ます。
初回の授業ではその報告会をおこない、知識や感性を互いに共有しました。



デザインではプレゼンテーションも大切な要素。
報告書を分かりやすくまとめ、自らのことばで発表することもデザインのうちです。
お互いの報告に対し鋭い質問が飛び交い、プレゼン内容の過不足に気付くことが
出来たでしょうし、課題への意欲も湧いてきたことと思います。



今年度の皆さんから、どんなデザインが生まれてくるか。
随時掲載していきますのでお楽しみに。

by Yabe

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

ナビゲーション

カテゴリー

過去の記事

検索



ページトップに戻る