BLOG 

ホームブログ > 過去の記事 (2008年12月)

ブログ

カテゴリー:授業見学
過去の記事 (2008年12月)

現在、カテゴリーが 「授業見学」 で、「2008年12月」 の記事を表示しています。

2008/12/15

工房実習

しばらくぶりのブログになります。後期は作業が単調で進みも遅いのでこれといった新しい報告もできずにいましたが、後期授業最終日になってようやくひとつの作品ができました。
始めは、捨てられてぼろぼろだったこの椅子も慎重にばらばらにして部品ごとにきれいに修復されました。



木部は、傷んでいる箇所を直すことと古い塗装を剥がしてもう一度磨きます。 金属部分は、錆を取り油を差して動きを良くします。この工程で部品ができたら、接着剤を入れて形を組んでいきます。



一応このような感じに仕上がりました。残念ながら再塗装する時間がなくなりましたが授業はなくとも工房は開いています。授業外で作業するそうです。目標は、今年中に持ち帰る!です。今週からは、そんな学生が、集まって作業をしていくのだと何人かの顔が思い浮かびました。

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2008/12/12

ディスプレイデザイン1 - vol.10 -

インテリアデザイン科1年生選択授業・ディスプレイデザイン1。
グループ課題「クリスマスディスプレイ」・・・・・
展示は終わりましたが授業はまだあります。
作品を別の場所で展示したら…という想定の課題です。
今度はグループ作業ではなく、一人での計画立案。
それらは企画書としてまとめ、学内6Fに掲示しました。

独立店舗・ショッピングセンターや公共施設など・・・・
自分たちのデザインが活かせる環境を考えた、各個人の独創的な案が出ました。

現物を作るだけでなく、図面やイメージパースに解説を加えた資料の作成で
企画力とプレゼンテーションの力を養いました。

 これで後期のディスプレイデザイン1は完了です。
おつかれさま!!
by yabe

■■■ウェブギャラリーもご覧ください■■■
本校1階ロビー各所と、ショーウインドーに展示された、
クリスマスディスプレイ作品の様子がご覧いただけます。



■「ディスプレイデザイン1」授業見学のバックナンバーは・・・


投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2008/12/11

「デザイン感性学」その13

今日はデザインイベント見学に行ってきました。
「サイン・ショップ&ディスプレイショウ」。出力機器や材料などの展示会です。

企業各ブースを回り、参考資料をいただいたり、解説を聞いたり。
自分たちのデザインしたものが、どう形になるのか。
卒業してプロになったときに仕事に関わってくる、リアルな情報を得ました。

  .:*:・゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。.:*:・'゜★゜'

また、先週から取り組んでいた課題も提出日。学内で展示しました。

「自分の名前のデザイン」が“ふたつ”並べて展示してあります。

左側は4月・・・右側は12月。


実は4月初回の授業で、
何も学ばない段階で「自分の名前のデザイン」をしていました。
デザイン感性学では前・後期を通して、
美しい形・色・文字・レイアウト・映像などがなぜ“美しい”と感じるのか、
また逆に美しくないものは、なぜそう感じるか? ・・・を考えてきました。
つまり、4月のそれは、感性を養う前につくられたもの。
この課題は、8ヶ月間の時間を経て養った感覚の変化を、
同じ課題で“自分自身で”比較してみる試みです。
これで1年間の「デザイン感性学」の授業も完了。

さて、感性は成長しているか・・・?


by yabe


■「デザイン感性学」授業見学のバックナンバーは・・・


投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2008/12/03

「家具デザイン1」 その3

トーネットのNo.14をリデザインする課題に取り組んでいます。
前回レポートから、はや一ヶ月がすぎてしまいました。

原寸によるデザイン検討を終え、今は五分の一のモデル制作に取りかかっています。
モデル制作
トーネットのNo.14が曲げ木で作られているため、リデザインも曲げ木やパイプフレームを採用したデザインが多くなっています。
ここに紹介した写真は全てパイプフレームを想定したモデリングです。
実際のデザインでは、スチールパイプを曲げる設計ですが、モデリングでは加工が簡単なアルミの棒を使っています。
簡単とはいえ、図面通りの曲げ、角度、寸法を出すのは結構大変で、何度も失敗をしてしまう場合もあります。

モデリングをするとよくわかることは、
[絵に描いたようには簡単にものは出来ない]
ということです。

口先で イメージだ、コンセプトだ、等と言っていても、実際に作れなければ何ともなりませんものねえ。
してみると、トーネットのNo.14はやはりとても偉大な椅子だってことがわかります。

完成デザインはまた今度レポートいたします。お楽しみに!
by Wakky



投稿者: nsc | カテゴリー授業見学



ページトップに戻る