BLOG 

ホームブログ > 過去の記事 (2009年02月)

ブログ

過去の記事 (2009年02月)

現在、「2009年02月」 の記事を表示しています。

2009/02/23

本校ディスプレイコンペ作品掲載の海外専門誌

ドイツに編集部をおき、世界27か国に発行されているVMD*専門誌「STYLE GUIDE」に本校の学生作品「換骨奪胎」が紹介され、このたび掲載号が日本に到着しました。




この作品は昨年、名古屋市中心部のショーウインドーで開催された、“なごやデザインウィーク・ディスプレイデザインコンペ”で、「優秀賞」を受賞したもの。
今回、世界中のプロの作品に並び、堂々4ページにわたっての掲載です。

*VMD…ビジュアル・マーチャンダイジング
主に商業施設で商品の視覚的印象を重視する販売方法で、
空間・ディスプレイデザイン分野で重要な考え方。

by yabe

■■■ウェブギャラリーもご覧ください■■■
このディスプレイ作品の詳細がご覧いただけます。



投稿者: nsc | カテゴリーチャレンジシステム

2009/02/18

卒業制作 審査会

卒業制作もいよいよ大詰め。
最終プレゼンテーション審査が行われました。

昨年の夏休み前の個人面談からはじまり、夏休み中の調査後のコンセプト審査。
後期授業における具体的プランニングから企画書による二次審査。
そしていよいよ、展示会にむけての最終プレゼンテーション審査です。
緊張のプレゼンテーション
大勢の審査の先生方と1年生が見守る中、今までの努力の成果を順番に発表していきました。

先生方から、厳しくも思いやりあふれるお言葉をいただき、今までの努力にほっとする者、悔しい思いをする者。
色々な思いを抱いたでしょうが、おそらく全員がこの2年間の中で「もっと勉強したい」と感じたのではないでしょうか?
学校という所はそういうもので、どんなにがんばってた学生も卒業する頃に「ああ,もっと勉強しとけば良かった」と思うものです。

審査結果は、無条件合格、条件付合格などいろいろですが、学生生活最後のビッグイベント「卒業制作展」に向けてあともう一踏ん張り。悔いの無いように、がんばれ!
by Wakky

いっぽう、グラフィックデザイン科はいならぶ先生方を前に、緊張しながら作品の意図やデザインのポイントを説明し、先生方の突っ込んだ質問や指摘に、たじたじとなりながらも、懸命に説明していました。

グラフィックデザイン科審査風景
null

あとは、結果発表と、指摘された部分の修正をし、卒業制作展に備えます。


投稿者: nsc | カテゴリーデ博

2009/02/06

卒業生インタビュー第3号 イワタ ノリエ さん 

今回は、グラフィックデザイン卒業生のアーティスト、イワタ ノリエさんにインタビュー
null

imaon:今どんなお仕事をしてますか?
ノリエさん:ハンドメイド雑貨店店主&粘土雑貨クリエイターです。 
お店はこちら  名古屋市中区大須3-42-6 文殊小路 ともしびアパート202号 n.r.e.-planイワタノリエ
 ・open 土 日 月 12:00~19:00 / 木 金 12:00~16:00 ・close 火 水



imaon:仕事の魅力は何ですか?
ノリエさん:作ったものをいろんな人に見てもらえて、人とのつながりや出会いが沢山あること。

imaon:在学中はどんな授業が好きでしたか?
ノリエさん:野外に出て、デッサンをしたり、写真を撮る授業が楽しかったです。そして、コンペにも積極的に参加しました。

imaon:学生生活で印象に残っていることは?
ノリエさん:授業後みんなで各々頑張って制作した卒業制作。エジプト・ロンドン・パリ・アテネ、見たことがないものを沢山見て、触れることが出来た海外研修。デザイン事務所の現場で数日間体験し、学んだ企業実習などです。

imaon:クリエイターを目指す人たちに一言!
ノリエさん:好きな! 得意な! 分野を見つけて、突き進んでください!

imaon:夢は何ですか?
ノリエさん:モノ作りしながら、畑仕事!



imaon:どうもありがとうございました。これからもアーティストとして、そして雑貨のお店のオーナーとして活躍下さい。

イワタノリエさんのサイトはこちらから


投稿者: nsc | カテゴリー卒業生インタビュー

2009/02/02

進級制作 審査会

あっという間に1月も終わり、今年もあとわずか11ヶ月ですよ!
進級制作期間も締切を迎え、本日審査会が行われました。

審査員の先生と、多くの同級生に見つめられ、教室の前に立って自分の作品を発表していきます。
発表しま〜す
写真上はグラフィックデザイン科。下がインテリアデザイン科の発表の様子です。
今年度は締切までに作品は出そろい、とりあえずは完成した作品だったので多少ほっとしています。
ですが、中身をしっかり見ていくと…
やはり毎日コツコツ手をかけて制作していた作品と、そうではない作品とは出来上がりに大きな差がついています。
一応は合格レベルに達している作品も、この後もう少し手を加え、今の時点での完璧作品にして、来る進級制作展に望みたいと思います。
by Wakky


投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2009/02/01

海外専門誌に本校ディスプレイコンペ作品掲載

【ドイツ:パッソー発】

ドイツに編集部をおき、世界27か国に発行されているVMD*専門誌「STYLE GUIDE」に、本校の学生作品「換骨奪胎」が紹介され、出版社のサイトで公開されました。





この作品は昨年、名古屋市中心部のショーウインドーで開催された、“なごやデザインウィーク・ディスプレイデザインコンペ”で、「優秀賞」を受賞したもの。
その出来映えは、ついに海外でも認められましたっ!!

*VMD…ビジュアル・マーチャンダイジング
主に商業施設で商品の視覚的印象を重視する販売方法で、
空間・ディスプレイデザイン分野で重要な考え方。

by yabe

■■■ウェブギャラリーもご覧ください■■■
このディスプレイ作品の詳細がご覧いただけます。



投稿者: nsc | カテゴリーチャレンジシステム

ナビゲーション

カテゴリー

過去の記事

検索



ページトップに戻る