BLOG 

ホームブログ > 過去の記事 (2009年04月)

ブログ

カテゴリー:授業見学
過去の記事 (2009年04月)

現在、カテゴリーが 「授業見学」 で、「2009年04月」 の記事を表示しています。

2009/04/28

デッサン その1

ここでは、デザイン、造形などの基礎になるデッサンの授業を紹介します。
デッサンは、器用な人が上達が早いわけではありません。つまり手作業ですが、実は感覚の訓練で、正しくは目の訓練です。物の見方が備わると見えてくるということなのです。光と影を基にして物を見る感覚を養うのですが、感覚というのは、習得するのに時間がかかります。
丁寧に物を見てデッサンの枚数を増やしていくと光と影、素材の反射、空間が見えてくるようになります。

null null

null null

null null

大事なことは、素直に見えたものを捕らえることで、自分の頭の思い込みで描いてしまうと自分勝手なデッサンになってしまい枚数を重ねても上達しないのです。素直に見ること、自分の描いているものを疑って何度も形を確認すること、それにより感覚が養われるのです。

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2009/04/24

「ディスプレイデザイン2」2009 / vol.2

課題「アイキャッチデザイン」の、企画検討を始めました。

学校にある店舗、建築、空間デザインなどに関する書籍、
またインターネットの情報も参考に、アイデアをひねります。
ある程度、企画の方向が見えて来たところで企画案発表。



その内容は学内に“アイデアボード”として掲示しました。
公に掲示したわけは・・・
授業選択しているメンバーだけでなく、科も学年も問わず、先生も含め、
多くの人へ進ちょく状況を明らかにし、自分を厳しく追い込むためです。
また、多くの人から提案や疑問点を得る目的も。
それは、デザインの参考になる情報を各方面から得たいということもありますが
公にしてコミュニケーションをとることで、
“どんなことを伝えないと、相手に理解してもらえないか”…という、
プレゼンの訓練にもなればと考えているからです。

Display Design_2 / 2009 by yabe

■この講座のアーカイブはこちら→  「ディスプレイデザイン2」授業見学 

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2009/04/24

「プロダクトデザイン基礎」09-1

インテリアデザインの1年生前期には、今後の学習進路を方向付けて行く為に、
「インテリアデザイン基礎」 「プロダクトデザイン基礎」 「グラフィックデザイン基礎」
と、主要3部門の基礎講座を受講する事となっており、そのうち2講座以上は必ず単位を取得しなければなりません。

本日の授業見学はこれらの中の一つ「プロダクトデザイン基礎」です。

この講座でここしばらく続けて行っている課題が「あかり」のデザイン。
ねらいは平面から立体を作る造形訓練です。

アイディアをまとめて行くのには、スケッチをしたりする事もありますが、この課題では「平面の絵」では無く、「立体の模型」によってまとめて行ってもらっています。
アイディアモデル
今年も色々なモデルが出来上がってきていますが、どうしても先に頭で考えてしまう学生もいて、そういう場合はなかなかモデルも出来上がらず、また出来てもどこかで見たようなものになってしまいがちです。

頭より手を使え!
手を使う事によって頭も働くのですぞ!

まだこれって言う「かたち」が出てこない学生さん。
切ったり,折ったり、曲げたり,繋いだり,くしゃくしゃにしたり、…
とにかく手を動かしてみて下さい。

by Wakky


投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2009/04/23

「デザイン感性学」2009 / vol.3

名古屋市美術館で開催中の『視覚の魔術/だまし絵』展を観に行きました。
教室だけでなく、良いものは学外でもどしどし学ぶ。
とくにこの特別展は、感性を刺激するにはもってこいの機会ですから。



館内は撮影禁止なので、見学の様子はお伝えできませんが、
いずれレポートで、観覧した作品の感動が報告される予定です。
館をあとにする諸君のきらきらした表情を見ると、刺激は十分だったようだね。



・・・・・ おやっ ?

君たちの背後の、美術館の“柱”がいつのまにか・・・・・・・・・・
by yabe

■この講座のアーカイブはこちら→  「デザイン感性学」授業見学 

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2009/04/21

「インテリアデザイン基礎」

2009年度の授業が始まり はや2週間。
新学期でばたばたしていて、授業レポートが出来ていませんでしたが、今日は少し時間が出来たので1年生の「インテリアデザイン基礎」の2回目授業にお邪魔しました。

最初に取り組むのは いろいろな寸法を知る という事です。
今までは気にもしていなかったけれども、これからインテリアを考えるのに寸法感覚がなくては始まりません。
そこで、自分の体、自分の住まいの空間や家具などの寸法を測って一覧表にしました。
寸法一覧表
これで少しは寸法についてわかった?ところで、
一人暮らしのマンションのインテリアプランをたてていきます。
平面プラン
色々なカタログを参考にして、50分の1の図面に書き込んで行きます。

学生のプランを見て回りましたが、どうも詰め込み過ぎかなあ…
部屋の広さが図面からはピンと来ないようです。
これはなかなか難しいですよね。
実際に何度も寸法を測って、しっかり身に付けて下さい。

by Wakky

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2009/04/16

「デザイン感性学」2009 / vol.2



この講座では、授業を受けている間、目にした資料やそれを観て感じたことを
どんどんスケッチしていきます。しかし、いったい何を観たのか?
このスケッチからは何の話題だったのか見当もつかないと思いますが、
・・・詳しくはここでは書ききれません。
このスケッチが、デザイン感性を鍛えた痕跡であることは間違いないです。
ちょっと妖しいキャラも、ちらほら描かれてるけど。

■この講座のアーカイブはこちら→  「デザイン感性学」授業見学 
by yabe


投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2009/04/10

「ディスプレイデザイン2」2009 / vol.1

こんにちは、講師の矢部です。
私の担当する、インテリアデザイン科2年生の選択講座
「ディスプレイデザイン2」のご紹介です。

前期の課題は「アイキャッチデザイン」

ディスプレイデザインは、物件を魅力的にさせる展示・装飾機能。
主役ではないが、重要なデザインです。
そこで前期課題では、店舗や公共施設に附随し
「目を引き付けている」=アイキャッチとなるデザインを企画・提案します。
ショーウインドーやファサード、フロアディスプレイ、駅前のシンボル、
公園の計画など、空間を彩るさまざまなデザイン提案が考えられます。

昨年度の作品はこちら → ウェブギャラリー「アイキャッチ2008」


さて今年度・・・・・まずは調査です。
春休みに自主的に街を巡り、参考物件を探しました。
アイキャッチとなるものはどんなデザインか、
なぜそれが目を引く機能があるのかを考えながら。
初回の授業ではその報告会をおこない、知識や感性を互いに共有しました。



今年度の皆さんから、どんなデザインが生まれてくるか。
随時掲載していきますのでお楽しみに。
Display Design_2 / 2009 by yabe


投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2009/04/09

「デザイン感性学」2009 / vol.1

こんにちは、講師の矢部です。
私の担当する、グラフィックデザイン科1年生の必修講座
「デザイン感性学」のご紹介です。

デザインワークは技術や計算だけでおこなうものではなく、感性が必要。
美しい形・色・レイアウトはなぜ美しいと感じるのか、
また逆に美しくないものは、なぜそう感じるのか?
まずその感覚を養ってこそ、技術や計算を使って、
自身のデザインを美しくも醜悪にも表現コントロールできると思います。
この授業は、その感覚を自分自身で探りながら養います。



さて、今日から今年度のデザイン感性学がスタート。
まずみんなに手を動かしてもらいました。
内容はあえて伏せますが、講座初回の“自分自身のデザインの記録”です。
これからどんな個性、感性に出会えるかな・・・一年間、楽しくやろう!

by yabe


投稿者: nsc | カテゴリー授業見学



ページトップに戻る