BLOG 

ホームブログ > 過去の記事 (2009年06月)

ブログ

カテゴリー:授業見学
過去の記事 (2009年06月)

現在、カテゴリーが 「授業見学」 で、「2009年06月」 の記事を表示しています。

2009/06/29

デッサン その4

今回のポイントは、人の手の表情をどう表現するのかという点です。今までの無機質な物体とは異なり手の動き、皮膚の表現、柔らかい塊り感(解かりにくいですが)手の平も指もつまむことができますがその感覚がデッサンで見せることができるか?ということです。





映画などを見ていると感情表現を手の動きのみで表現しているものがあります。それほど、手は表情の豊かで柔らかい動きをするものです。
 ですから、形が正確でも、陰影が正しく写し取られて立体感を作れたとしてもロボットのようになっては、デッサンが成功とは言えません。正確に対象を把握した上で自分の感じたことが絵に出てくることができれば作品として、ひとつ進歩したものになるでしょう。


投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2009/06/27

「ディスプレイデザイン2」2009 / vol.10

課題「アイキャッチデザイン」。作品をキャンパス内に展示しました。
人に見てもらうことで、“どのように見せると良いか”が分かってきます。
コンセプトや図面、イメージパースなど、資料も作成して模型とともに掲示。

↓サーフボードやスケートボードなど“横ノリ系”スポーツグッズ店の計画

左:シネマコンプレックスの街頭誘導サイン計画
右:雑貨店ファサードおよび店頭ディスプレイデザイン

本校6Fに展示中です。学校見学や体験入学の際にぜひご覧ください。


Display Design_2 / 2009 by yabe

■この講座のアーカイブはこちら→  「ディスプレイデザイン2」授業見学 

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2009/06/26

「空間工房A」2009 / vol.9

今日は繁華街・栄地区のディスプレイ見学に行きました。
参考物件が、学校から歩いて行ける距離にあるのは便利ですね。
先週自分たちの搬入を終えて、改めてプロの仕事を見ると、むむむむ・・・・
やっぱりプロは違う。・・・次の作品でさらに質を高めよう! 


by yabe

■この講座のアーカイブはこちら→   

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2009/06/25

「デザイン感性学」2009 / vol.9

今日は学外研修。覚王山〈かくおうざん〉地区へ出かけました。
歴史のある景色に、現代の新しい息吹も感じられる街です。
何に眼がとまるか、何を“発見”できるか?
前期に、自分の感性がどれだけ鍛えられたのか・・・それを確認する授業。
アンテナの感度を鋭くして、路上を観察していきます。



熱心にメモをとる者、坂が多くて音を上げる者、“高みの見物”をする者・・・
さて、みんなどんなものに感動したのか?
デザインレポートにまとまるのが楽しみです。

by yabe


■この講座のアーカイブはこちら→  「デザイン感性学」授業見学 

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2009/06/23

マテリアル基礎 透明水彩で描く

今回の画材は透明水彩絵の具です。
水彩(水で溶く)絵の具はいろいろありますが、
ポスターカラーやグワッシュの不透明な画材と違って
透明水彩は水をたっぷり含ませ、にじみやぼかしの効果を出せます。



基本的に白は使わず白い部分は紙の地を塗らずに残すか、
乾く前にティッシュ等で吸い取って色を抜くようにします。
たっぷりと水を含ませた筆で、薄く下地を塗って徐々に
色をおいて仕上げていきます。

だんだん色がのってくると美しい仕上がりになります。
上手く描けたかな?

 
同じイラストでも、アウトラインをペンで描くのと鉛筆で描くのでは
こんなに仕上がりが変わってきます。それぞれ味わいがあっていいですね。

by imaon


投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2009/06/22

工房実習 その2

6月も半ばを過ぎて各々の課題も少づつ完成に近くなってきました。作業も組み上げた作品を磨いている者、塗装している者、細かい部品を作っている者など各々です。

テーブル面のデザインで悩みましたが、決定しました

そのような中で1作品完成しました。工房の壁に完成作品を飾ってみました。なんだか場違いな気もしますが、和室なら合う作品ではないでしょうか。

少しづつ道具にも慣れてきて、だんだんと思い描いている形を作ることもできるようになってきています。そのような時に意外と怪我をしたりします。もう一度初めの緊張感を思い出して怪我のないように作業することが大事です。


投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2009/06/19

「空間工房A」2009 / vol.8



いよいよウインドーディスプレイの搬入です。製作物担いで大移動。
現場では手分けして取付作業。ガラス越しに身ぶり手ぶり・・・



そして、ついに完成!!
空間工房の初作品です。

ひまわり畑の空間で、虫取り網に座る男の子と女の子。
洗い立ての真っ白なTシャツが風になびき、
彼らのさわやかな夏を象徴しています。




本校のすぐそば、『福文堂書店本店』ウインドーです。
(8月31日、展示は終了しました。)


『福文堂書店本店』
■名古屋市中区新栄1−2−1(CBC西角)福文堂ビル1F
■地下鉄東山線「新栄町」駅より西へ徒歩5分、本校より北へ徒歩2分
■営業時間8:00〜22:00(土曜10:00〜21:00)■日曜休

by yabe

■この講座のアーカイブはこちら→   

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2009/06/19

「ディスプレイデザイン2」2009 / vol.9

課題「アイキャッチデザイン」。模型ができた!!
・・・いや待て、まだ作っている者がいる。近日中に講評だぞ。急げ!!


Display Design_2 / 2009by yabe

■この講座のアーカイブはこちら→  「ディスプレイデザイン2」授業見学 

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2009/06/18

「デザイン感性学」2009 / vol.8



今日はパズルに挑戦しました。
タングラムというパズルを用い、ハートの形を鳥に変化させるという課題です。
有名なデザイナーの発想を参考に、感性をフル稼働。
出来上がったものは早速キャンパス内に掲示しました。
(掲示期間は7月に終了しました)



リアルなものやマンガ的なものなど鳥の印象もさまざま。
単純な図形の組み合わせだというのに、性格が出るんですねェ・・・

また、前週の『企業・商品ロゴの調査』も掲示しました。
(掲示期間は7月に終了しました)



by yabe


■この講座のアーカイブはこちら→  「デザイン感性学」授業見学 

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2009/06/12

「空間工房A」2009 / vol.7

ウインドーディスプレイの土台を作り、現場でシミュレーション。
実際に搬入する前に、不具合がないか確認です。
その他の小道具も着々と製作進行中。


by yabe

■この講座のアーカイブはこちら→   

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2009/06/12

「ディスプレイデザイン2」2009 / vol.8

課題「アイキャッチデザイン」。模型が具体的な形になってきました。


Display Design_2 / 2009by yabe

■この講座のアーカイブはこちら→  「ディスプレイデザイン2」授業見学 

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2009/06/12

デッサン その3

今回のテーマは、紙の質感と表面に描かれた文字やサインです。質感といってきましたが、簡単にいうと紙の特徴を捉えるといっても良いと思います。
単純に捉えればよいのですが、ここがまず対象を把握する上で大切です。たとえばフニャフニャしているとかまた端っこは手を切るくらいに鋭い感じ、とか紙の表情を捉えていきます。くしゃくしゃにした手触りというのもひとつあると思います。はじめにこんなことを頭においていると描く時に戸惑わないと思います。また今回の紙はコーティングしてあるものでツルツルの材質感です。




null


それからもうひとつの問題は紙袋の上にかかれたロゴです。一番多い勘違いは紙袋が寝ていても斜めになっていても真正面からみたロゴを描いてしまうという間違いですが、あくまでも自分の目の位置から見た変型?したロゴが紙袋のうえに描かれなければなりません。
結局は頭にあるイメージで描き進めていくことが、一番失敗の可能性が高く、自分の目で見える対象が正確なのだという意識を持つと良いでしょう。それは同時に自分の目で必ず確認する作業をすることになりますし見ないでイメージに頼って描くことによる間違いをなくすことになります。
自分の目を疑って目に見える事柄をそのまま描き写すことが上達への早道です。


投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2009/06/11

「デザイン感性学」2009 / vol.7

今日は『ロゴ』についての感性学。
各自の選んだ企業・商品ロゴを調査・分析しています。
今まで何となく見ていたデザインの、細やかな配慮・・・
プロの仕事の繊細さを感じとる作業です。


by yabe


■この講座のアーカイブはこちら→  「デザイン感性学」授業見学 

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2009/06/10

イラストレーション基礎

グラフィックデザイン科1年生の必修授業です。

我々は日々イラストレーションをいろいろな媒体を通して
観て楽しんでおります。
「私、絵を描くのが好きなんです…」という人は多いのですが、
そんな私的なレベルではなかなか人には伝わらないのです。
この授業では、与えられたテーマについて理解し、よく考え、
いろいろなアイデアを出す訓練をしていきます。

今回は、「物語の挿絵を描く」という課題です。
テキストをよく読み、物語の場面を想像し描いていきます。




この物語の主人公は頼もしい「犬」ですが、
表現がいろいろあって、実におもしろい!

by imaon



投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2009/06/05

「空間工房A」2009 / vol.6

ウインドーディスプレイ製作、急ピッチ!!




by yabe

■この講座のアーカイブはこちら→   

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2009/06/05

「ディスプレイデザイン2」2009 / vol.7

課題「アイキャッチデザイン」。模型製作が続いています。
図面で細部を慎重に検討する者も・・・・



Display Design_2 / 2009by yabe

■この講座のアーカイブはこちら→  「ディスプレイデザイン2」授業見学 

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2009/06/04

「デザイン感性学」2009 / vol.6

今日は『サイン(標識)』についての感性学。
そこで、トイレのサインデザイン案を考えてみました。
短時間に思い付くまま、どんどん描いてみる。どうです、これらのアイデア?
どんどんユニークな発想が湧き出てきたようですね。


by yabe

■この講座のアーカイブはこちら→  「デザイン感性学」授業見学 

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2009/06/03

マテリアル基礎 パステルで描く

グラフィックデザイン科1年生の画材体験の授業です。


パステルは簡単に言えば、粉末顔料に粘着材を加えて棒状にしたものです。
ですから、顔料の割合が多いほど、柔らかく粒子が細かいソフトパステル。
顔料より粘着材の割合が多いとハードパステルとなります。
表面がざらっとした紙に直接描いても良いし、削って粉にして
指や綿棒でこすりつけて描くのもOKです。

しかし、専用のスプレーをかけて粉状の色を定着させないと、
原画を汚したり、手や、机はあっという間に粉だらけ…。
このフィキサチーフをシューット噴くと、メロンパンの匂いと似ている?
気がします。



さて今回はパステルを使用して、メルヘン・ファンタジーというテーマで描いてみました。

by imaon


投稿者: nsc | カテゴリー授業見学



ページトップに戻る