BLOG 

ホームブログ > 過去の記事 (2009年07月)

ブログ

カテゴリー:授業見学
過去の記事 (2009年07月)

現在、カテゴリーが 「授業見学」 で、「2009年07月」 の記事を表示しています。

2009/07/21

合板の椅子 2009

海の日も過ぎて、もう夏休みに入られた方も多いと思います。
我が校も1年生は補講も終了し夏休みに入りました。

さて、先週実施しました合板で作る椅子の作品が全て仕上がり、
作者が座っての撮影を行う事が出来ました。

作者とともに
出来上がりに満足する者、もっとこうすれば良かったと反省する者、
感想はいろいろのようですが、初めて作る自分デザインの椅子は
世界一!

各椅子の詳細はWEBギャラリーに追加しておきますので、
じっくりご覧下さい。

こんな本格的な椅子はなかなか出来ませんが、
簡単に思いつくまま、自分デザインの椅子や、テーブルを作ってみる
「プチ家具」の体験授業が今週末開講されます。
家具に興味のある方は是非参加してみて下さい。

by Wakky

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2009/07/16

合板の椅子 2009

合板の椅子制作も4日目。

いよいよ塗装仕上です。
表面仕上には色々な方法がありますが、今回はニスと、エナメル塗装の2種類となりました。

まずはニス仕上。
ニス塗り
全て組み立ててしまうと刷毛が入りにくい部分が出るので、とりあえず背を付けていない状態で一度目のニス塗りです。
明日、乾いてから2度目を塗る予定です。

こちらはエナメル塗装。
ローズガーデンカラー というしゃれた名前の塗料を選んできました。
ローズガーデンカラー
こちらも組んでしまうと塗れなくなってしまう部品は先に塗りました。
部品で塗装

明日最後の仕上塗りをしたら撮影をする予定です。
仕上がりをお楽しみに!
by wakky

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2009/07/15

合板の椅子 2009

またまた、昨日の続き。

合板で作る椅子の特別講座も3日目を迎えました。

昨日カットした部品に間違いが無いか、仮組をして材料寸法の確認をします。
と、今日もまた問題発見!
何故かしら寸法が合いません。
仮組します
寸法変更した事により、一部ミスがあったようです。
気を取り直して、部品の作り替えをしました。

部品チェックが完了すると、いよいよ組み立てです。
今回は安価な合板を使用するので、組み立て方法もネジ止めで、ネジ頭を埋め込み、パテで隠す方法をとる事にしました。
そこで、ネジ頭が隠れるくらいの下穴をあけてから、コーススレッドという木ネジで止めて行きます。(接合部分のは木工用ボンドも塗っておきます)
ネジ止め

組み立てが全て終わると、ネジ頭を隠す為にパテで埋め、乾いてからランダムサンダーにてサンディングしておきます。
サンディング

明日は仕上です。
by Wakky

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2009/07/14

合板の椅子 2009

昨日の続きです。

今日はまず、サブロク(3×6)の合板に材料採りをしました。
採寸
と、ここで問題発生!
通常サブロク(3×6)板というと、3尺×6尺のことで、現在の単位になおして910ミリ×1820ミリになっているのはずだったのですが、購入してきた板は端数が無く900ミリ×1800ミリだったのです。
材料採りに余裕のある学生は良かったのですが、パーツの多い学生は予定していた寸法では部品採りが出来なくなり、やむを得ずここでまた寸法修正する事になりました。

部品を書き終えるといよいよカットに入ります。
カットは丸ノコという電動のこぎりを使いますが、書いた線の通りにまっすぐカットする為に写真左のようなゲージを用いてカットします。
丸ノコのゲージ

一人では大変なので、学生同士協力し合ってカットして行きます。
また、丸ノコではカットできない部分はジグソーを使います。
カッティング作業
丸い穴あけ等もジグソーで行いますが、きれいな円にカットするのはなかなかうまく行きません。
穴あけカット

参加者全員が大まかな部品カットを終え、本日の作業は終了。
明日は、部品の調整をしてからいよいよ組み立てです。

by Wakky

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2009/07/13

合板の椅子 2009

先日ご紹介しました「合板で作る椅子」のその後です。

プロダクトデザイン基礎の前期のまとめとして、今日から「合板で作る椅子」の実物制作を希望する学生にむけて、特別講座を始めました。

まずは今までに先輩が制作した椅子に腰掛けてみて、自分が設計した椅子との違いや共通点等を良く検討し、最終的な寸法の確認等を行いました。

その後、原寸大での図面制作にとりかかりました。
原寸図制作
既に描いてある1/5の図面だけでは間違い等もおこりやすく、この図面で部品の寸法などをしっかり確認しておかなければなりません。

明日は合板に材料採りして行きます。
イメージ通りの椅子が出来るかどうか?
明日もがんばりましょう。
by wakky



投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2009/07/09

工房実習 その4

前期授業が終了しました。インテリアデザイン科2年生は、専門選択の授業なので、前期課題として椅子の製作をしました。
ただし、ここでは、製作のノウハウを学習するということで、デザインは好きな椅子を模しても良いし、木工関連の参考書から気に入ったものからでも良しとしています。
いずれにしろ、いろいろ悩みながら、時間に追われながらもともかく、完成できました。ご覧下さい。ちなみに座っているのは製作者です。







投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2009/07/09

「デザイン感性学」2009 / vol.10

今日は、前回出かけた学外研修・覚王山〈かくおうざん〉地区に関する
“発見”レポートの発表会。車座になってプレゼンテーションです。



パフォーマンスを交えたり、絵地図のようにまとめたり、絵本にしたり…
レポートの形式も様々でユニーク。笑いやツッコミも盛んに飛び交います。
このように人前で、自分のことばで説明するのは、クリエイターにとっては
とても大切なこと。楽しみながら経験を積んでいるのです。
発表後は、早速キャンパス内にレポートを掲示。



ゆるキャラに注目して採取した者、坂の魅力に取り憑かれた者、
“光”に着目した者、ゾウを採取した者・・・など、様々な視点と感性でした。
(掲示は9月で終了しました)


by yabe


■この講座のアーカイブはこちら→  「デザイン感性学」授業見学 

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2009/07/08

クラフトデザイン2

クラフトデザインの授業ですが、ここでは工芸的な技術を学びます。学生は、各自で工芸品をリサーチし、そこで使われている技術を使ってオリジナルの作品を作ります。どれも緻密な作業が要求されますので、作業の進み具合がとても緩慢で授業最終週になってようやく形になってきました。





null



作品は短時間に出来るものではありません。何週も使って完成のイメージに近づけるため、細かい部品を作り組み上げます。また、部品も作業途中で破損して作り直したり、始めからやり直したり、一度で済むことは、ほとんどありません。作業の単調さもありますが、緊張感の持続をどうするのか?あきらめそうな感情をどのようにコントロールするのか?なんて...精神面でも強さが必要になります。そのひとつは、やはり達成感を一度味わいその快感を覚えておくことだと思います。



投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2009/07/06

工房実習 その3

前期授業もそろそろ終了です。この工房実習でも作品が出来てきました。
作業も、サンドペーパーをかけて磨いたり、塗装をしたりと仕上げの段階です。4月から今までなので作業時間が十分なように思いますが、木工製作というのはとても時間を要します。また、設備や道具がないとできないので家に持ち帰って作業をするというわけにもいきません。
週に一回の授業時間内のみでの製作になるのですが、1年生は初めての作業にしては作品も丁寧に仕上がりよく出来ました。自分で作ったものは愛着が出るので大事に使います。こんなことをきっかけにして木工の事などに興味を持ってもらえればなあと思いました。

ラウシェンバーグの影響をうけました

完成作品です。

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2009/07/01

グラフィックデザイン基礎

この授業はグラフィック、インテリアの一年生が、視覚伝達の
基本的なスキルを楽しく理解することを目的としています。

今回の課題は、「お菓子のパッケージの リ・デザイン」です。
もしかして一番身近な商品かもしれないお菓子!
自分の好きな商品を1つ選んでデザインを一新させてみよう。


まずは、商品をよく研究して、理解すること。そして、アイデアスケッチ。

いろいろ考えておもしろいパッケージが出来ました。
ジャジャーーン!!


それぞれ手を伸ばしたくなるようなパッケージです。




by imaon


投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2009/07/01

合板の椅子 2009

インテリアデザイン科1年生の授業である「プロダクトデザイン基礎」のご紹介です。

「あかり」と同様、毎年恒例の課題となっている「合板で作る椅子」の作品が出来上がってきました。

この課題は、サブロク板(3尺×6尺:910ミリ×1820ミリ)のサイズの合板1枚だけを材料として、椅子をデザインする課題です。
アイディアスケッチからアイディアモデルへと進み、最終的には3ミリ厚のシナ合板を使って、5分の1のモデルを制作し、写真を撮り図面とともにまとめて提出となります。



5分の1のモデルが撮影すると本物のように見えてきます。
それぞれのデザインはWEBギャラリーで公開していますので、是非ご覧下さい。
by Wakky

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学



ページトップに戻る