BLOG 

ホームブログ > 過去の記事 (2009年11月)

ブログ

カテゴリー:講師からのメッセージ
過去の記事 (2009年11月)

現在、カテゴリーが 「講師からのメッセージ」 で、「2009年11月」 の記事を表示しています。

2009/11/15

漢字検定&リビングスタイリスト資格試験

昨日はミニ体験入学&入学相談会があったことは昨日のブログで紹介されてましたが,実はそのあとに学校を会場として漢字検定が行なわれていました。

我が校では就職対策の一つとして、就職希望者には筆記試験対策として、最低でも漢字検定3級以上取得を推奨しているため、1年生でまだ取得していない学生が受験していました。(中には準2級や,2級を受験する学生もいます)

また、今日はリビングスタイリストの資格試験がありました。
こちらはインテリアデザイン科の1年生が数名受験しました。
実は学生に受験を勧めておきながら、自分では受験をしていなかったので、今回は私も試験の雰囲気をつかむために受験いたしました。

送られてきていた受験会場の案内を見ながら会場へ向かう途中、受験予定の学生A君と出会い、二人で会場のビルに到着。案内には「名古屋ダイヤビルディング2号館 242会議室」と記してあったので、エレベーターへ2階へ向かいましたが、それらしい案内も無いし、242会議室も見当たりません。同じく受験生らしい人たちが数名うろうろしていたのでした。

実は会場は4階だったのです。242の2は「2階の2」ではなく「2号館の2」だったようなのです。
よく見ると、1階には会場は4階と書いてあったのですが…。
案内状に「4階 242会議室」と書いてくれていれば良かったのに。

と、気を取り直していよいよ受験開始。
受験番号を書く訳ですが……?受験番号を書き始めたら記入欄と桁数が合いません。
8桁の受験番号のうち下7桁を記入するらしく、途中で説明がはいりました。
やれやれ…

接客マナーに関する問題などが出されて、お客様の立場になって考えるという姿勢なども説かれている試験なのに、これではねえ……

この事からも言えること。
「知っている」と、「理解する」は違う。
「理解する」と,「出来る」とは違う。

検定試験で資格を取得するのは大切なステップ。
でも、それだけじゃあこまります。
資格のあとは実践、実践。実際の出来るように頑張りましょう!

by Wakky


投稿者: nsc | カテゴリー講師からのメッセージ



ページトップに戻る