BLOG 

ホームブログ > 過去の記事 (2010年04月)

ブログ

カテゴリー:授業見学
過去の記事 (2010年04月)

現在、カテゴリーが 「授業見学」 で、「2010年04月」 の記事を表示しています。

2010/04/30

「ディスプレイデザイン2」2010 / vol.1

インテリアデザイン科2年選択講座「ディスプレイデザイン2」のご紹介です。

前期の課題は「アイキャッチデザイン」

ディスプレイデザインは、物件を魅力的にさせる展示・装飾機能。
主役ではないが、重要なデザインです。
そこで前期課題では、店舗や公共施設に附随し
「目を引き付けている」=アイキャッチとなるデザインを企画・提案します。
ショーウインドーやファサード、フロアディスプレイ、駅前のシンボル、
公園の計画など、空間を彩るさまざまなデザイン提案が考えられます。

昨年度の作品はこちら → ウェブギャラリー「アイキャッチ2009」

まずは街で参考物件を探し、報告会をおこないました。
すると・・・・



その報告では、すでに街にある実際のディスプレイ物件を
自分ならどうデザインするかというスケッチまでおこなうものだったのですが、
バイト先でそこの店舗ディスプレイのリニューアル案としてスケッチを提示し、
具体的に店舗スタッフ会議で検討されたという報告がありました。
そして、ある程度自分の提案に基づいてディスプレイが整えられたそうです。



スケッチの通りとはいきませんが、検討が重ねられ
お店の皆さんの意識を動かす発端になったことは間違いありません。
課題を机上の理論だけとせず、現実に達成したわけです。素晴らしい。
やる気と行動力次第で、このようにプロと同様の結果を出せるのですね。

今年度の皆さんから、どんなデザインが生まれてくるか楽しみです。
報告会のあと、さっそく各自課題に向けて調査検討が始まりました・・・



Display Design_2 / 2010 by yabe

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2010/04/27

サンゲツ ショールーム見学

暖かくなったかな  と、思うと  又冬?
今年の天候は本当に不順ですね。これも地球温暖化の影響なのでしょうか。
このままでは本当に「沈黙の春」になってしまうかも……

と、暗い始まりになりましたが、今日もまた雨の中、インテリアデザイン科1年生は「インテリアデザイン基礎」の授業として、サンゲツさんのショールーム見学に出かけました。



サンゲツさんはみなさんもご存知でしょうが、カーテンや床材等の内装材のメーカーで、名古屋が本社です。
名古屋ショールームには、カーテンや床材の見本が並ぶコーナーと、それらを使用したモデルルームがあります。
サンゲツ モデルルーム
はじめに、コーディネーターの方からモデルルームの中から代表的な部屋のインテリアの説明をいただきました。
サンゲツ 見本コーナー
次いで2階のカーテンの見本コーナー、3階の壁、床材のコーナーと案内をいただいた後、各自が興味を持ったコーナーを自由に見学して見学会を終えました。

教室の中で教科書や見本帳を見ているだけでは得られない、実際の状況を体験ができたことは大きな収穫になったと思います。
1年生のみなさん、素晴らしいレポート待ってますよ。

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2010/04/23

「デザイン感性学」2010 / vol.3

前回の授業で歩いた街のレポートを作りました。
レポートというと堅苦しいけど、見て楽しい“作品”としてまとめる作業です。
みんな、どんなことを「発見」したのだろう・・・?




レポートは学内に掲示。お互いに、気づくことや視点が違うのがおもしろく、
まとめ方も様々で個性的。見せ合うことで刺激が生まれます。



by yabe

■この講座のアーカイブはこちら→  「デザイン感性学」授業見学 

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2010/04/15

「デザイン感性学」2010 / vol.2

今日の授業は、街に出てみました。
普段の見なれた街も、意識してみるといろんなデザインや風景に気付きます。
漠然と眺めているだけだと、通り過ぎてしまう。
考えて見る・読み解く、といったモノの見方をすると
感性が鍛えられていくはずです。



何を発見するか・・・?????・・・何でもよいのです。
まず「気付く」アンテナを持つことから。そして「感動し、楽しむ」。
そうすると、デザインの発想も柔軟に出来るようになると思います。
デザイン感性学では、“気付きながら”少しずつ感性を養っていきます。

by yabe

■この講座のアーカイブはこちら→  「デザイン感性学」授業見学 

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2010/04/08

「デザイン感性学」2010 / vol.1

こんにちは、講師の矢部です。
私の担当する、グラフィックデザイン科1年生「デザイン感性学」の紹介です。

デザインワークは技術や計算だけでおこなうものではなく、感性が必要。
美しい形・色・レイアウトはなぜ美しいと感じるのか、
また逆に美しくないものは、なぜそう感じるのか?
まずその感覚を養ってこそ、技術や計算を使って、
自身のデザインを美しくも醜悪にも表現コントロールできると思います。
この授業は、その感覚を自分自身で探りながら養います。



さて、今日から今年度のデザイン感性学がスタート。
まずみんなに手を動かしてもらいました。
内容はあえて伏せますが、講座初回の“自分自身のデザインの記録”です。
これからどんな個性、感性に出会えるかな・・・一年間、楽しくやろう!

by yabe


投稿者: nsc | カテゴリー授業見学



ページトップに戻る