BLOG 

ホームブログ > 過去の記事 (2014年05月)

ブログ

カテゴリー:授業見学
過去の記事 (2014年05月)

現在、カテゴリーが 「授業見学」 で、「2014年05月」 の記事を表示しています。

2014/05/24

「デザイン感性学」2014 / vol.4

電柱を取り囲んで、何してるの?



学外研修で、名古屋市内の覚王山〈かくおうざん〉地区へ出かけました。
歴史のある景色に、現代の新しい息吹も感じられる街です。
何に眼がとまるか、何を“発見”できるか?
アンテナの感度を鋭くして、路上を観察していきます。

電柱一本でも、デザイン考察ができるのです。



歴史的建築のガイドをしてもらったり、寺に新鮮なデザインを感じたり、
アーティストのギャラリーを兼ねた店で刺激を受けたり…
さて、みんなどんなものに感動したのか?
デザインレポートにまとまるのが楽しみです。

by yabe

■この講座のアーカイブはこちら→  「デザイン感性学」授業見学 

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2014/05/17

第39回愛知県優秀広告作品展/アド・ミュージアム名古屋 見学


グラフィックデザイン科2年生「広告デザイン」の授業において
5/14(水)5/16(金)の両日、
国際デザインセンターにて開催中の
「第39回愛知県優秀広告作品展」および 「アド・ミュージアム名古屋」を
見学しました。


■学生の見学レポート「第39回愛知県優秀広告作品展」

名古屋鉄道の広告の写真とキャッチコピーが和む日常風景を思い出させている感じがして
素敵だと思いました。
バラのブーケに見立てた資料も可愛くてデザイン性があるなあと思いました。
Oさん

名古屋鉄道の作品が一番心に残った。
いろんな年代の目線からのキャッチコピーが印象的だった。
何気ない日常の写真なんだけど、
キャッチコピーで感じが違うと改めて思った。
Mさん

マクドナルドハウスの広告では、ついウルッときて募金したいという気にさせられました。
コピーの大切さを実感しました。
絵のうまさや写真を撮るのがうまいことも必要だけど、
コピーでこんなに変わることにビックリしました。
こうやって作品展を見てまわって制作意欲をわかして、
小説などを読んでもっとボキャブラリーを増やさないと!と思いました。
Oさん

富士学院の広告で、自分と同じ受験者のことを「ライバル」ではなく、「仲間」と表現していたので
そういう捉え方の方が受験を頑張ろうという気持ちになるなあと感じました。
Hさん

マクドナルドハウスの広告にうるっときました。
コピーの力が少し分かった。
長くても小さくても、心に残るコピーはあるとわかった。
いいコピーを作りたいと思いました。
たくさんいい広告を見て、勉強したいです。
Uさん

決意:私もこういう人の心を動かすものを作っていきたい!!!
Nさん

「がんばれ、受験生!」の広告のひとつにも書いてあったけど、
有名校の生徒も進学校の生徒も入学したら同級生って書いてあって、
今の自分たちにも当てはまるなって考えさせられました。
どんな有名な学校卒業しても入社したら同期になるなーって。
あたしもがんばんなきゃなー。って思いました。
Oさん

言葉も大事なのだなと思いました。
写真1枚でもどこか感じる所もあるのに、
そこに言葉が加わるだけでまた強く感じて心打たれました。
Mさん

本音を言うと、紙の広告は映像ほどのインパクトがなかなか出せないと思っていたけれど、
工夫次第では文字のみでもインパクトが出ていてすごいと思いました。
Yさん

■学生の見学レポート「アド・ミュージアム名古屋」

小さい頃に何気なく観ていたCMなどがあり、
メロディやビジュアル、キャッチコピーで思い出すものが多くありました。
今まで忘れていたCMを思い出すと、やっぱり広告の力ってすごいなあとしみじみ感じました。
Hさん

短い期間しかない中、心を惹きつけるものを作るためには
コピーが大事なのを知った。
CMではリズムが大事とうのも感じた。
Sさん

結構自分の身の回りで起きていることだったり、日常生活の事だったりが多くて、
難しく考えずに、自分もそういう身近なところを参考にして
制作していくヒントにしていきたいと思いました。
Sさん

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学

2014/05/02

「デザイン感性学」2014 / vol.3

今日は『色』についての感性を鍛えました。その痕跡が、以下のメモ。



みんなのカードにはホントはもっと、授業で紹介した情報がびっしり。すごい。
その大っ事な情報を、ここでお見せしてしまうわけには参りませんので、
これらはそのほんっっの何十分の1かの“お見せできる範囲”です。

by yabe

■この講座のアーカイブはこちら→  「デザイン感性学」授業見学 

投稿者: nsc | カテゴリー授業見学



ページトップに戻る