ホームウェブギャラリー > 過去の記事 (2006年03月)

ウェブギャラリー

過去の記事 (2006年03月)

現在、「2006年03月」 の記事を表示しています。

2006/03/08

卒業制作(2005年度)

《インテリアデザイン》
glass cubic
デザイン:小林健志
瀬戸内海に浮かぶ小さな島、直島を舞台に、トップスタイリストを招いたカリスマ性の強い美容院を提案。
優秀賞および日本インテリアプランナー学生賞を受賞。

connect
デザイン:谷口雄大
露地を潜ると現れるCONNECTは名古屋の今をリアルタイムで紹介してくれるスポットです。
日本インテリアデザイナー協会中部事業支部学生賞を受賞。

KO-real
デザイン:生田真穂
韓流ブームを一過性の現象に終わらせないように、韓国のアート、デザインを発信するショップを計画。
優秀賞および日本ディスプレイデザイン協会賞を受賞。

大屋根の下で
デザイン:永見涼子
伝えることで愛を育む。家族の歴史が積み重なった「家」を提案。

Homeys
デザイン:藤原英城
地元蒲郡をもっと楽しくしたい。そんな思いで、ローライダーが集うスポットを提案。
インテリアだけでなく、フライヤーなどのグラフィックもデザインした意欲作。

SPUTNIK
デザイン:富岡沙矢香
名古屋に住んでいても滞在してみたくなるようなデザインホテルを提案。
客室、ラウンジ、レストランからバックヤードに至るまで丁寧にデザイン設計がなされた作品。

family ship
family ship
デザイン:渡辺佳織
自宅のLDKを、大切なペットも家族の一員として楽しく食事が出来、くつろげる空間にリフォーム。
そこで使われる食器もオリジナルでデザイン制作しました。

この町に住んでいたい
デザイン:守澤有紀
年老いて一人になっても、今まで通り同じ町に住んでいける。地域で支え合い安心して暮らすことが出来る施設を提案した作品。

be connected NAGOYA
デザイン:高木諒
人と人、人と自然、お店とお店、お店と周辺環境、名古屋と近隣都市。これらを「繋ぐ」をコンセプトにした空間を提案した作品。


《グラフィックデザイン》


デザイン:小泉晴香
絵本/キャラクターデザイン
★名古屋イラストレーターズクラブ賞受賞
 油性ペンを使って鮮やかな色彩で描いた、絵本の部分画です。ちょっと無気味でユーモラスな妖怪キャラクター達が、風変わりな物語をつくっています。独特のタッチで、全3册の絵本を完成させました。もう1点はキャラクターデザインです。




デザイン:小林千展
キャラクターデザイン
RPGゲームのキャラクターデザインとして雷・空・風・雨の4つの世界を見事に描き、シナリオに沿った4人のメインキャラクターとサブキャラクター、さらに変身後の姿など、細部にわたって展開された内容から、こだわりと熱意が伝わる作品。



デザイン:手塚瑞希
VI計画
京都高台寺が運営する癒しと香りのコンセプトショップとして、「かや」を提案。新鮮な手書きのロゴタイプを核に、ショップデザイン、ディスプレー、商品構成まで細やかに展開しています。


デザイン:宮城淳美
絵本創作
タンポポの「ワタゲ」をほのぼのとしたタッチで絵本を創作。鮮やかなタンポポの黄色や空の青色を木版画をつかって、優しいトーンで表現しています。


デザイン:小林あすか
イラスト
街に住むさまざまな猫たちを、半立体のイラストレーションで表現。並んで月を見ている姿が、どこか、しみじみとした哀愁をかき立ててくれます。

投稿者: nsc | カテゴリー2005年度卒業制作

ナビゲーション

カテゴリー

過去の記事

検索



ページトップに戻る