ホームウェブギャラリー > クリスマスディスプレイ2008

ウェブギャラリー

2008/12/24

クリスマスディスプレイ2008

インテリアデザイン科1年生後期の選択授業“ディスプレイデザイン1”。
グループ課題で、原寸サイズのクリスマスディスプレイを企画・製作し、
学内で実際に展示しました。

☆。.:*:・'゜★。:*:。.☆。.:*:・'゜★。:*:。.

『主役はトナカイ』





煙突の中へ、ツリーのオーナメントを落とすトナカイ。
部屋の中ではトナカイたちが、それを順に手渡ししてツリーに飾っていきます。



☆。.:*:・'゜★。:*:。.☆。.:*:・'゜★。:*:。.


『クリスマスセッションだ!!』



サンタに扮してバンドを組んだのは、このディスプレイの制作者たち自身。
観客には、クリスマスギフトから飛び出したおもちゃたちが集まった。
立体的なデコレーションケーキが、彼らのステージだ。



☆。.:*:・'゜★。:*:。.☆。.:*:・'゜★。:*:。.


『幸せを呼ぶ使者〜金色のサンタクロース』





サンタクロースのモデルは
小アジア(現在のトルコ)の聖ニコラウスが有名ですが、
サンタクロースの伝説は色々あります。
中でも、神話や妖精だと言われた
金色のサンタクロースを見る事の出来る人間は
子供に限らずピュアな心の持ち主であり、
必ず幸せになれると噂されました。
その幸せこそが
サンタクロース最大のプレゼントなのです。

あなたには、金色のサンタクロースが見えますか?





☆。.:*:・'゜★。:*:。.☆。.:*:・'゜★。:*:。.

以上が、展示された作品です。

☆。.:*:・'゜★。:*:。.☆。.:*:・'゜★。:*:。.

そして、この課題は展示だけでは終わりませんでした。
完成後、作品を別の場所で展示したら…という想定をしたのです。
今度はグループ作業ではなく、一人での計画立案。
それらは企画書としてまとめ、学内に掲示しました。



独立店舗・ショッピングセンターや公共施設など・・・・
自分たちのデザインが活かせる環境を考えた、各個人の独創的な案が出ました。



現物を作るだけでなく、図面やイメージパースに解説を加えた資料の作成で
企画力とプレゼンテーションの能力を養いました。


・・・・さて、これら一連の作品がどんな過程で制作されてきたか。
ディスプレイデザインの授業の様子は、以下リンクでご覧いただけますので
こちらもぜひどうぞ。

2008/12/24 23:59:00
投稿者: nsc | カテゴリーインテリアデザイン科

次の記事 ディスプレイデザインコンペ2008
前の記事 MAC2制作

コメント

まだコメントがありません。
気軽にコメントを残して下さい。

コメントを投稿する

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。

ナビゲーション

カテゴリー

過去の記事

検索



ページトップに戻る